初めてのランドセル購入、どうやって選ぶ?

 

ここ数年、「ランドセル」が盛り上がりを見せているようですね。

 

海外では、日本の中古のランドセルが
普通のバッグとして活躍しているところもあるようです。
しかも、それが丈夫で使いやすいと人気らしいですよ。

 

それでは、日本のランドセル市場のお話です。
ランドセルの販売ピークの移り変わりを見てみましょう。

 

2009年までは1月頃がピークでしたが・・・・
2010年は12月がピークになり
2011年は11月がピーク
そして、2012年は10月になり、
2013年は9月
2014年は8月がピークと
毎年1ヵ月ずつ早まってきているようですね。

 

普通は、子供にとっては6年間使う一生に一度のお買い物ですから、
じっくり、楽しんで選んで欲しいものです。が、
販売ピークを考慮すると、あまりゆっくりしていると、
欲しいランドセルが、売り切れ!何てことになるかもしれませんので、
出来れば、なるべく早めに購入したほうが良いかもしれません。
人気のあるランドセルでしたら、なおさらですね。

 

それでは、ランドセルの購入価格はどうでしょう。

1993年から2013年頃までは、
購入平均単価がずーと35,000円前後だったんですね。
それが、2014年には45,000円位まで上がってきています。
2015年は50,000円前後にまで上がるのでは?
と、予想されています・・・・が

 

ま、そんなことは関係ないですかね。
欲しいと思ったランドセルを買えばいいんです。

 

一応ご参考までに。

 

 

それでは、前置きが長くなりましたが、
男の子にも女の子にも今、人気のランドセルです。

 

●人工皮革(クラリーノ)素材で選ぶなら、
フィットちゃんランドセル』と『セイバンの天使のはね
●天然皮革(牛革・コードバン)素材で選ぶなら、
鞄工房山本のランドセル
がおすすめです。

こちらをおすすめする理由としては・・・・

 

最近では、ランドセルの製造技術も格段に進歩しているため、
余程の安いものか劣悪品でない限り、「性能」や「機能」は
ランドセル各社ともそれほどの違いはないでしょう。

 

あとは、
使う子供の体格や使い方などにあっているか?相性が良いか?
「好み」ということになってくるのだと思います。

 

ですから、
大手スーパーやディスカウントストアなどで
気に入ったものがあればそれでも良いとは思います。
ただ、はずれ商品もあるようです。
しかし、それはランドセルに限ったことではなく、
どんな商品にも「アタリ」・「ハズレ」はありますからね。
1万円台のランドセルでも充分に6年間使えた。
という口コミ・評判もありますから。


だとすると、

 

何を基準にランドセルを選ぶのか?

 

ということになってくると思いますが、
「性能」や「機能」「品質」がしっかりしている。
という前提ですと
あとは、『デザイン』や『カラー』『素材』
などの好き嫌いで選ぶ。ということでしょう。

 

そこで、【フィットちゃん】と【天使のはね】と【鞄工房山本】の登場となるわけです。
この3つとも人気のランドセルなので、
欲しいものがあった場合は、早めにしたほうがよいようです。
とくに、【鞄工房山本】は、増産体制はとってはいるものの、生産数が多く作れないため売り切れ時期が早いです。

 

※【鞄工房山本のランドセル】は、たしか・・・
2014年度入学モデルは、2013年の10月〜11月にはすべて完売。
2015年度入学モデルは、2014年の9月〜10月にはすべて完売。
2016年度入学モデルは、2015年の7月中にはすべて完売してしまいましたから。

 

特に、もし、【鞄工房山本のランドセル】を購入予定でしたら、悪いことは言いません。
6月に販売開始したらすぐに、
欲しいと思ったランドセルを購入しない7月中には売り切れることはほぼ確実です。

 

皆さん、売り切れるのが早いのを知っているのか、毎年どんどん売り切れ時期が早くなっています。
お早めにどうぞ。

 

 

【鞄工房山本のランドセル】は完売いたしました。
【フィットちゃんランドセル】公式サイトはこちら
【天使のはね】公式サイトはこちら

 

この3社の人気のランドセルを簡単にご紹介しています。
ランドセル購入のご参考になさってください。